東京のインド舞踊教室|カタックダンス|カダムジャパン Kathak Dance | Kadamb Japan | Atsuko Maeda
 

前田あつこ

Atsuko Maeda , a Kathak Dancer


北インド古典「カタック舞踊」ラクナウ流派
舞踊家、振付家
カダムジャパン主宰

6歳よりカタック舞踊に親しみ、そのトリコ。しなやかで美しい舞踊/振付家として著名な、巨匠クムディニ・ラキアに師事。2006年ICCRスカラシップを得てKADAMB舞踊学校へ国費留学。以来、日印の国際文化交流の場で多くの舞台を踏んでいる。東京を拠点にカダムジャパンを主宰。
 
2015年「スヴァルナパルヴァ」公演招聘を機に「狐雨」を振付。希少な日本人舞踊家としてカタック舞踊の古典的なスタイルの上演をする一方、東京ガラナ(東京流派)をコンセプトとした振付作品の創作上演に取り組む。
 
日々のクラスでは、伝統的なスタイルでカタック舞踊の基礎を指導し、師クムディニ・ラキア独特の振付を指導している。毎年「アムルート・マンタン」舞踊公演を主催し、カダムジャパンらしくカタック舞踊の魅力を発信している。
 
「インド、独り舞ふ」「東京ガラナ」を仕掛けるなど舞台制作を通してインド古典芸術の振興に努める。
 
2021年ニューヨークカタックダンスフェスティバル、クロスカルチャーコンサート、バーミンガムインターナショナルダンスフェスティバルに参加するなど加速するスクリーンダンスの世界で新たな表現を模索中。 
 
2022年よりインド大使館文化部VCCカルチャーセンターにてカタック舞踊とコンテンポラリーダンス(ボリウッドダンス)の、また、東京ベイインターナショナルスクールにてカタック舞踊の振付指導に取組む。
 
atsukathak.com
 
 
#前田あつこ  #カダムジャパン #カタック舞踊 #クムディニラキア #KADAMB #狐雨  #インド独り舞ふ #アムルートマンタン #スクリーンダンス #バーミンガムインターナショナルダンスフェスティバル #ニューヨークカタックダンスフェスティバル #インド大使館VCC


Atsuko Maeda

Kathak Dancer
Choreographer
Director of Kadamb Japan

Atsuko Maeda is one of the very few leading Kathak dancers in Japan. Having been fascinated by the beauty and graceful choreography of Smt. Kumudini Lakhia ji, she was trained at KADAMB (Ahmedabad) since 2007, initially with a scholarship from ICCR, Government of India.
Atsuko has an interest in incorporating Kathak with Japanese traditions, and has created unique choreographic works, such as "Fox Rain" "Amabie" and pioneered the concept of “Tokyo Gharana".
Atsuko is the founder and director of Kadamb Japan. In addition to her passion for teaching Kathak in Tokyo, she often performs at international and cultural exchanges between Japan and India.   Teacher of Indian Embassy Tokyo Culture Center VCC from 2022.  atsukathak.com
 

 more informations

 

atsukomaeda
Photo Shuhei Katsura
 
 
 
 
 
#atsukathak #kathakdancer #atsukomaeda #kadambjapan #kathak #atsuko #japanesekathakdancer #tokyogharana
New York Kathak Fes 2021
#NYKF # HomeStages
 
 
Play Lists

Times of India

"Ahmedabad soft power has world singing, dancing”

インドの新聞